top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

信仰

更新日:2023年11月8日

インドのジョン・ウェスリー牧師がやって来られます。


 やはり、スイス・ドイツチームが行っている時に、インドの教会の方がやって来られたと思います。そして、ウェスリー牧師が日本に来ることにつながっているのですから、

神のタイミングで、神によって開かれて、遣わされてくる方という感じがします。

 さらに、40年間が終わって、新年度に入って、新年度礼拝は、パウロ秋元牧師が

メッセージされた、その次にやって来られるのですから、特別なタイミングで来る

と思わされます。


 パウロ牧師が言っていたことですが、万を超える教会は、それなりに、

賜物の働きが起こっている教会だと思います。

 ですから、賜物の働きについても、期待できると思います。


 さらに、5000人の教会の時に、イサナさんだったわけですが、そのイサナさんが

召されたのに、さらに5万人に教会が伸びたということも興味深いと思います。

 どうしてかというと、5000人で、もうかなりのメガチャーチです。そこで、トップの

牧師が、召されれば、普通は、少なくなるはずですのに、5万人に増えたというのも、

不思議な牧師さんではないでしょうか?


 このように分析というか、見分けることで、神が、特別なことをしようとしているとの、

期待感が、皆さんの内側に出てくるなら、これは信仰を働かせたことになるのではないでしょうか? 

 そして、どのように信じるかが、今年度のテーマではないでしょうか?

 


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page