top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

賛美隊

 II歴代20章から、賛美隊の重要性を主が語ってくださっていると思います。

 フィリピンで殉教事件の時に、刑務所で、賛美の集会をパウロ秋元牧師が

以前示されました。実際に実行されるまで、戦いがありました。

 しかし、賛美の集会がなされた後は、フィリピンの教会や、その教会の方々が、

本当に強められました。そして、教会が解散寸前と言われていたにもかかわらず、

賛美後は、急激に、教会の人数が増えていったのです。


 明らかに、賛美による勝利が明確に現わされていったのです。

 賛美による神の戦いは、特別な勝利をもたらしていきます。


 ところで、インドの牧師さんは、賛美に重荷がある方と聞いています。

 何か意味があるのでしょうか?期待します。(写真 GLTV番組で、ハンナがハープを弾いてました)

 

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

彩雲

Kommentare


bottom of page