top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

祈りのツアー

 2/6の日は、祈りのツアーがありました。

今年は、天気が良く、東彼杵での祈りの時も祝されました。

朝、人数の関係で、TLEAのお墓のほうには、私たちはいけない予定でした。


ところが、キャンセルの方々が、出て、人数が変わり、行くことになりました。

その時に、木原牧師の説明で、強く語られました。


4番崩れのお話です。

高木仙右衛門さんが、拷問でも、一人だけ、イエスキリストを否まなかったことについて。

高木さんは、自分は本当に転ぶ(否んでしまう)と思っていたそうです。

必ず転ぶと思っていたから、毎週金曜に、断食して備えて祈っていたそうです。


他の人たちは、そう思っていなかった(転ぶかもしれないとは思っていたらしい)が、

高木さんは、”必ず”転ぶと思っていたために、逆に、熱心に祈っていたという話でした。


これは、とても大事なことだと思います。


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page