top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

ドラマ

 「大草原の小さな家」という、TVドラマがあったのですが、とても大好きな

クリスチャン家族のドラマでした。

その頃は、小学生か、中学生ぐらいでしたが、よく見ていました。

その頃は、まだクリスチャンではなかったのですが。


クリスチャンの生き方が、よくえがかれている、ドラマだったと思います。


人の誠実さや、熱心さ、家族を愛する想いや、人と人の間の優しさや、暖かさ、

人を信頼すること、それから、赦しや、人の弱さ、罪についても。


何か、感動を与えるストーリーが、えがかれていました。


教会も出てきますし、古き良きアメリカだったかなと思います。


そのドラマも、私に、クリスチャンて、いいなと思わせる、一つの影響を与えた

ドラマだったと思います。


そういった意味では、ある意味、プレ伝道に、成功しているドラマだったのですかも。





閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page