top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

賛美って

賛美について、ちょっとわかったこと、でも、大切なことです。

コンコルダンスの賛美のところを見たら、時、という項目がありまして。

つまり、賛美はいつするのかということですね。

そしたら、「毎日」、「いつも」「日に7度」「日夜」「真夜中」「生きている限り」と

聖書の箇所があがっていました。

ということは、結局・・・・、あらゆる時に賛美すべきだということですよね。


聖書が、そう言っていることがわかってから、急に思い出しました。


ロバート・ユーインさんは、「ハレルヤ〜、ハ〜レルヤ〜」とか、力を抜いた感じで、ことあるごとに言ってました。


そして、イリエさんは、「グローリー、ハレルヤー」でした。これも、よく言ってました。


じゃあマーリンさんは、「プレイザ・ロード」だったかな、と思います。ちょっとした

賛美すべきことがあると、すぐ言ってました。


崔牧師は? それはもう、ハレルヤおばさんと、あだ名がついたぐらいですから、挨拶代わりに、そして、いっつも、「ハレルヤ!!」と叫んでいました。


そうすると、器の彼らは、皆さん、賛美の口癖があったのですね。いっつも彼らは、

聖書通り、賛美していたのです。これは、実行すべきですね。


今までは、つぶやきを、やめよう。不信仰なこと言うのやめよう、とそちらばかり気にしてましたが、それも必要ですが、賛美の言葉をどんどん出そう、と思いました。


ハレルヤ、感謝します。プレイザ・ロード!!

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page