top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

26人の人々のお話

 以前、迫害下の教会で、ご奉仕した時に、日本二十六人の殉教者のお話をすると、

本当に、向こうの方が聞き入ってくださったということがありました。


 迫害を受けている方々にとって、日本の迫害下にあった時の人々のお話は、とても

励まされるのだとわかりました。だから、私たちは、この日本の殉教者のお話は、

私たち、日本人に与えられている恵みだとわかりました。私たちは、自由な状況で

信仰を与えられているものですが、信仰が生ぬるいものかもしれませんが、迫害下時代の

クリスチャンの証は、私たちにしか、できないことです。なぜなら、彼らは、天に帰ってしまったからです。ですから、その証を、聞く人々に、もっとしていくべきだと、思わされています。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page