top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

昨日の続き

更新日:2023年7月4日

(続き)そこまでだったら、それほど、神に従うことにさほど決心はいりませんでした。確かに、教師には、なりたかったけれど、自分としては、先生は、大変だとは、わかっていたので、神がやめておきなさいというなら、やめておこうと断念しました。それで、日立の子会社に、就職試験も受けて就職することになっていきました。ところが、先生になるのをやめるように言われたのですが、日立に就職でいいとは、言われていなかったので、「これでいいんでしょうか」と、また、聞いていったのです。

 結局、これもスットップが入り、牧師や、教会の奉仕者になる道を示されていったのです。とにかく、茨城の田舎に帰るのは、御心ではなくて、TLEAの教会にとどまって、もっと、聞き従うということを学び、献身者、奉仕者の道を選ぶように、導かれたのです。その頃は、まだ、教会の神学校も造られてなかった時でした。教会も東京に一つしかないし、牧師や、伝道師を、目指すと言っても、どうなるかわからない、先が見えない時期でした。しかし、このまま、田舎に帰ってしまったら、本当に、聞き従うって、ことは学べなくなるし、それは、御心ではないということは、はっきりわかったのです。


 ですから、この御心を選択して、東京にとどまり、一般就職をやめて、アルバイトで、

教会の、学びのクラスを続けて、教会の奉仕者を、目指すというのは、人間的には、かなり無謀で、決心のいることでした。神様は、私たちを、試しますね。御心全部を教えずに、

ある部分を示して、その御心を選ぶかどうか、試されますね。結局、従うことを決心して、

東京にとどまりました。その結果、日雇いのアルバイト生活になり、親には、猛反対され、

経済的には、非常に苦しくなりました。苦しくなるぞとは、わかっていたことでしたから、

聞き従うことはかなり決心のいることでした。


 しかし、しかし、そのハングリーな、生活が、本当に、神に聞き従うことを学ぶには、

ものすごく大事な、時期になったのです。だから、今では、本当に、そちらの聞き従う道を選んだことが、本当に良かったと、今は思っています。そして、私は、貧しいのにもかかわらず、フィリピンや、アメリカや、アジアに、宣教に行って、多くのクリスチャンを助けたり、ノンクリスチャンに伝道して、救いを見たりして、世界宣教に関わって行ったのです。

もし、田舎に帰ってしまったら、決して、海外には、それから出なかったでしょうし、

永遠の命に関わる、重要な、尊いご奉仕には、あまりかかわらなかったでしょう。

神の前に、この永遠の事柄に関わることが、なんと大事なことだったでしょうか。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

霊の戦い

霊的な者との戦いがあることを私たち、クリスチャンは知っておかなくてはなりません。 今日の聖会では、霊的な戦いについて語られていました。 インドチームは、やはり祝福が大きそうなので、霊的な戦いもありますね。

bottom of page