top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

昨日の祝福

 昨日の祝福を、月曜礼拝のメッセージでおわかちしました。

昨日の、東京カリスマ聖会で、パウロ秋元牧師を通して、与えられたメッセージを

おわかちさせていただいたわけですが、

パウロ牧師は、ハンさんを通して、語られたことを語っておられました。


 そのお話を聞くと、確かに、神が、パウロ牧師に語っておられたんだと、

納得するメッセージで、神様は、語られるんだなーと、と言うメッセージが

イザヤ55:11から語られていました。


 要するに、神が語られる、ということが、とっても重要なことです。

 どうしてかというと、神の言葉は、必ずなりますし、それが成就して終わり、

チャンチャン。・・・・・ではないからです。


 神の言葉は、ドンドン、どんどん、発展して、進展していくんですね。


 例えば、「ヨーロッパの働きが、東から、西に行く」と言われた時、

東から、働きは、難しそうで、絶対、共産圏なんて無理、というのが

可能になった、成就した、と思ったら、それだけでなく、西にも

東から、進んだわけです。西に入って、それで終わったのでなく、

ここから、どんどんさらに進む感じですよね。だから成就して終わりでなく、

そこから、大きくなっていくわけですよね。


 まるで、からしだねの種みたいです。小さな小さな種が、大きな木になって、

いろんな実がむすばれるわけです。語られた、神の言葉は、成就し、それから、

もっともっと進んで、大きな大きな働きになっていくのです。


 だから、小さな語りかけで終わらないのです。

 神の語りかけというのはすごいですね。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page