top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

使徒の働き 27

更新日:1月26日

 ペテロは、今、異言で話している、聖霊が注がれたことが、ヨエルの預言の成就であり、イエスキリストが、しるしと不思議、力あるわざをなされたことを、話します。

 さらに、ダビデの詩篇の引用(2:25〜)から、イエスキリストのよみがえりの

予告預言について話します。そして、その復活されたキリストが、聖霊を受けて、この聖霊をお注ぎになったと伝えます(2:33)。

 なのに、そのキリスト、メシアを、あなたがたが十字架につけてしまったと、悔い改めを

求めます。そこで、3000人が救われるという奇跡が起きていきます(2:41)。

 

 こんなに簡単には、普通、人々が悔い改めたりはしません。しかし、聖霊が、特別に

働くなら、そのように、多くの人々が、救われていきます。


 30年ほど前に、私たちは、フィリピンのダバオに導かれて、行きました。

 そこでは、人々が、いっぺんに救われるのです。日本とは、違っていました。20人、30人、40人と、救われるのです。いくつも、何チームも、数年(あるいは10年ぐらいでしょうか)にわたって、私たちは、ダバオを訪れ続けました。

 しかし、どのような日本人が行っても、誰が集会をやっても、人々が救われるのです。

 誰が祈っても、いやされるのです。時々、たまに、救われないという例外の時はありました。しかし、ほとんど、多くの救いと奇跡、いやしが起きるのです。それは、聖霊が、そこで働いていたからです。ミニ・リバイバルでした。

ルーマニアでも、アルゼンチンでも同じでした。


 しかし、今度は、インドです。本格的な、伝道宣教と言われている今、9万人の教会に

導かれ、150万人の人が集まってくるクルセードで、何が起きるでしょうか?絶対に、

そこで、聖霊が働いているのです。必ず、そこで特別に聖霊が働いているなら、そして遣わされて、私たちが行くなら、多くの救いや、いやしや奇跡が起きてくるのです。

 本当に、主に期待します。そして、その聖霊の流れは、日本に大きな恵みをもたらすでしょう。

 


  

 


 

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

霊の戦い

霊的な者との戦いがあることを私たち、クリスチャンは知っておかなくてはなりません。 今日の聖会では、霊的な戦いについて語られていました。 インドチームは、やはり祝福が大きそうなので、霊的な戦いもありますね。

bottom of page