top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

使徒の働き 10

ルカは、8節のエルサレム、ユダヤとサマリヤ、および地の果てにまで、というイエス様の言葉の成就ということを、この使徒の働きで言いたかったと思いますね。


例えば、5章のところで、大祭司があったまに来て、言った言葉が、28節にあります。

教えてはならないと言ったのに、エルサレム中に広めたと、怒り心頭で言ってます。

逆にこれは、本当だったのでしょう。エルサレムいっぱいに福音が広まったら、ステパノの殉教が、7章で起こり、8章で、使徒たち以外のクリスチャンが、エルサレムから、ユダヤと

サマリヤに散らされたと、1節に書いてあるのです。そして、4節で、散らされたのですが、み言葉を宣べながら巡り歩いたと書いてあります。

 

 だから、福音がエルサレムでいっぱいになったら、ユダヤと、サマリヤに行ったと書いてあるのです。結局、迫害で散らされたことが、益になって、イエス様の言葉の成就につながっていると、言っているようです。


 

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page