• ミッション 祈りの

使徒の働き28章



 今日の教会で読んでいる聖書の箇所は、パウロが、ローマに到着した箇所です。

使徒の働きの時代は、ヨーロッパの中心がローマだったわけです。そこに、とうとうパウロが到着した箇所が、今日のところです。


今、私たちも続けて、ドイツヨーロッパチームのために祈っています。

ドイツに必ずチームは行きます。そのことに備えて祈っています。

ヨーロッパの働きは、重要な働きだと思いますし、教会が始まった当初から、

多く預言が出ていたのは、ヨーロッパの働きの預言でした。

働きが、東から西に行くという預言。それが、成就し始めていますね。

ヨーロッパの働きが、次に進められようとしていますね。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

弘前