top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

今日は、カリスマ聖会

更新日:2023年7月3日

 今日は、東京カリスマ聖会で、セミナーを担当させていただきました。


 10分オンリーなので、証しも短くなってしまうので、ここで、もう少し

お分かちしますと、聞き従うのに、決心がいる、という話でした。


 神に聞き従うなら、確かに、祝福が与えられ、聞き従わないなら、失う祝福があるというお話でした。ですから、私たちは、聞き従おうとするのですが、そこで決心がいるのですね。

 

 私は、学校卒業あと一年ぐらいに来て、本当に、教師への道でいいのか、祈り始めたわけです。実際、教育実習なんかもやって、本気で、教師になろうとしてました。2週間ぐらい、中学の先生の卵をやって、いい思い出が残るんですね。2週間だけだから、生徒に慕われて終わるんです。そうすると、先生やってみよう、と本当、思うんですね。私の家族は、

母が、小学校の教師四十年、姉も、小学校の教師でしたから、私も、工学部に入ったものの

やっぱ、クリスチャンになって、人間というものが好きになり、やっぱ、コンピューター

より、人間教える職業かな、と、進んだわけです。


 ところが、祈り、時間をかけて神に聞いていったところ、ある日、幻を見てしまいました。コップに鉛のようなものが入っていたのですが、それがどんどん落ちていって割れてしまうという幻でした。幻なんて、初めて見て、びっくりしてましたが、目をつぶっても、

目を開けていても見えるんですね。

 神様、一体、これはどういう意味ですかと、聞きましたら、先生をやったら、あなたは

責任の重さに耐えられなくて、割れちゃうよ、というような意味であると、なんとなく

語られていきました。次の日に、教師の採用試験の通知が来て、不合格の知らせでした。

それも、タイミングだったので、やはり、不安は、決して消せなかったので、これはやはり、神様のストップかなということで、最終的には、先生になるのをとどまりました。

 それで、切り替えて、日立の子会社に入ることにしたのです。(続く)

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

霊の戦い

霊的な者との戦いがあることを私たち、クリスチャンは知っておかなくてはなりません。 今日の聖会では、霊的な戦いについて語られていました。 インドチームは、やはり祝福が大きそうなので、霊的な戦いもありますね。

bottom of page