top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

三浦綾子さん

更新日:2023年6月9日

 学生の頃、三浦綾子さんの小説を読みました。

まだ、ノンクリスチャンの時です。

最初に、自伝小説の「道ありき」というのを読みました。


感動しました。そして、本を読んで初めて、涙が出た体験をしました。

あるクリスチャンの、真実な生き方に感動したのです。


三浦さんは、13年間カリエスという寝たきりの、重病でした。

その三浦さんが、健康になるのを待って、結婚したのが、三浦光世さんでした。


光世さんの生前の動画を、昨日、ユウチューブで、見ました。

光世さんも、綾子さんも、すでに、召天されてます。

綾子さんが亡くなった後、光世さんが語っている動画でした。


「献身的に綾子さんに介護なされた、と、いろんな方々によく言われますが、

綾子が、私に本当によくしてくれたんです。」と動画の中で、語られていました。


 それは、本当に、光世さんの心からの思いのようで、伝わってくる言葉でした。

綾子さんは、結婚された後、朝日新聞の懸賞小説で当選されて、小説「氷点」で、デビューします。

 でもその後も、いろんなご病気になります。

 病弱な、綾子さんを、光世さんが本当に献身的に、助けたと、周りの方々が、思うのは当然かもしれません。実際そうだったと思うのですが、光世さんご自身は、綾子さんによくしてもらったと、本当に、心からそう思っていたのです。そうでなければ、あんなに献身的に

綾子さんに接していくことはできないということですね。


 綾子さんの、小説や、文章を読んでいけば、光世さんの言っていることが、

本当であることを、理解することができます。綾子さんの言葉は、本当に人々に、感動と

影響を与える、ものでした。それは、懸命に生きた方の、言葉で、小説の中でも、そのような、綾子さんの洞察の言葉が、人々の心を打つのですね。それは、クリスチャンであっても、信じてない一般の方々でも同じでした。


 ですから、非常にたくさんの方々に感動を与えたのが、三浦綾子さんの言葉でした。


 でもそれは、クリスチャンの生き方の、根底をなすものではないかと思わされます。

 真実ですね。(写真 東北道の景色)


 

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page