top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

ハープマン


エルサレムのハープ奏者達。風のひびきフィルハーモニーが、これから神様によって、どんな風に変貌?していくのか楽しみであります。最近は新しい賛美を覚える時期になりましたが、ハープ練習では、自分で賛美しながら、またはハミングしながら練習することなんですね。楽器をもって神様を賛美する喜びは、永遠であります。H

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

彩雲

Comments


bottom of page