top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

ジョージ・ミュラー 7

更新日:2023年10月16日

「神の子供の、じつに、多くが、持ち物すべては、主のものであると、心から

思っていないのは、不幸なことです。」


と、彼の本に、書かれてありました。私たちが持っていると思っているもの、すべてが

実は、主のものなのだ、と彼は言っています。持ち物が、我々に与えられていると思ったら

それは、全部、主のものだというわけです。神から、まかされている、借り物に過ぎないというわけですね。自分のものではないですよ、と言ってます。大切なことですね。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page