top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

ウクライナ

 

 

 サリーさんのブログ、「ぶらりプラハ」を見て、感動です。


 こないだ、1/24-31にドイツ・スイスチームということで、チューリッヒと

シュツットガルトに行かせてもらいました。そして、ボロジャ牧師にお会いすることができました。その時、お別れの日に、チームの皆さんと、ボロジャ牧師の前で、彼のために

あるいは、ウクライナのために祈る時を持ったのです。


 そうしたら、私は、ちょっと祈り始めたら、皆さんの前だったのに、その場で、泣けて泣けて、祈るのが大変、鼻水ボロボロ、非常に困って、でも祈りました。そのあと、泣いた自分が恥ずかしくて、しばらく、何もなかったかのように、後ろに、退いてました。何人かの方も、泣いてましたが、聖霊が、ボロジャ牧師の心を、強めておられるのだと、感じました。


 今日、サリーさんのブログを見て、納得でした。以下、サリーさんのブログの抜粋です。


・・・・ボロジャ牧師はわたしたちの宣教のお手伝いどころではない大変な状況の中だったから。去年のクリスマスから年末にかけてボロジャ牧師はかなり精神的に厳しいかったようで、「僕の目の前で家も家族も一瞬に無くしてしまった姉妹がここまで避難してきて、今泣いている。どうはげましたらいいかわからないよ。僕も辛い。」・・・


 たくさんの人が、ウクライナで、傷んでいる、その人達を迎えて、助けている、ボロジャ牧師も、かなり傷んでいたんだと思いました。


 今日、東京アンテオケの最新ニュースに載っていた、ボロジャ牧師のチームに感謝のメッセージが、以下のものです。


ウクライナのボロジャ牧師より

パウロ秋元牧師、そして宣教チームの皆様お一人お一人に直接にお会いすることが出来てとても嬉しく思いました!

サリー宣教師たちとの打ち合わせの間も幸せを感じて、 チーム全員の方々に心から感謝しています。 そして、最後に私のために祈ってくださったことは最高に素晴らしかったです。私はあの祈りを通してとても祝福されました。

私は、あなた方のウクライナの人々に対する愛情と姿勢に本当に感動しました。

そして、私はあなた方のミニストリーによって祝福されました。

あなた方の賛美は素晴らしかったです!

またパウロ秋元牧師のメッセージとお祈りで大いに力づけられました。私は心身ともに疲れ果てていましたが、皆様との交わりを通して本当に心に平安が戻り、精神的にも回復していきました。 わたしのためにまたウクライナのためにあなた方が成してくださった全てのことに心から感謝しています!


 大変なことが、ウクライナで、ゆるされていますが、神は、ボロジャ牧師と、ウクライナの方々を、愛しておられることは疑いようがありません。

 神が、ボロジャ牧師と、ウクライナの方々を強め続けてくださいますように。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

勝利

Comments


bottom of page