top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

イスラエルに行って 7

更新日:2022年11月27日

申命記1:40

あなた方は、向きを変え、葦の海への道を荒野に向かって旅立て。


ピリピ4:13

私は私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。


 すでに、このブログでお伝えしたように、今回のイスラエルチームで、私は、これらの言葉が与えられてきました。


 例えば、「急に向きを変えろと言われても、何をどういう風に変えたらいいのかわからない。」とか、私たちのうちに、言葉が登ってきそうですが、それを変える必要があるというのはそのことです。不信仰な、頑なな心を変える必要があるというのは、そういうところなのだと、私は語られていると思うのです。


 あえて説明するならば、約40年間の歩みは、こういう歩みであったのですが、これからは、変えられるよ、今日からは変えられるよと言っているのが、今の神のわれわれに対する言葉です。

 「向きを変えて、旅だて」と、神が言われているからには、それができるよ、これからは、私と共に行くならそれができるよ、と神はおっしゃっておられるのです。神は決して、私たちに、できないことを命ずることはありません。必ず、命ずる時は、それができるとき時に、そうおっしゃられるのです。ペテロに、水の上を歩いて、「来なさい」と言ったときも、「あなた方であの人たちに、何か食べるものをあげなさい」(マタイ14:16)と言ったときも、それができるから、そのように、主は命じてくださったのです。


 今、神は、不信仰の歩みを止めて、向きを変えなさいと言っておられます。それは今、

私たちに、TLEAの教会と、この教会をとうして語られた人々に、向きを変えることができると言っておられるのです。おそらく、教会全体に対して、日本の教会に対して、神がそのように働きかけておられ、時が変わったということを、知らせておられるのです。ですから、今私たちには、神によって、できるのです。


ですから、私たちは、このように告白すべきです。

 「私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。」


 

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page