top of page
  • ミッション 祈りの

イスラエルに行って 6

更新日:2022年11月26日

語りかけとして、幾つかの、神のみ言葉を受けました。


一つは、ピリピ4:13のみ言葉です。

「私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。」


例えば、聖書のみ言葉が、集会で聞いたからそれを受けました、とかいう意味でなく、

もっと、明確に、語られたというみ言葉です。


全体において、今回のメッセージは、申命記のところから、私たちはどうしようもない罪人であり、とてもとても、神の働きを担えるようなものでない、不信仰な者ということを40年間の間に学んだ。そして、向きを変えて、神によって、信仰の対応をなして、占領の歩みに入って行きなさい。というのが、主要なメッセージであったと、思っています。


ところが、レオンさんのメッセージがこのメッセージと重なっているものでした。

創世記の、12章、15章から、アブラハムが、預言されました、自分の子孫について

出エジプトを預言された箇所です。そこから、「神よ、私たちのエジプト(エゴ)を取り出してください。」というメッセージだったのです。私たちには、エゴなどの、エジプトなる古いものが残っているけど、神によって新しくされていく必要がある、というようなメッセージであったようです。でもそれは、私たちの肉によってではなく、神によって、それでこのピリピ4:13のみ言葉に触れていたのです。私は、私自身によってでなく、私を強くしてくださる、神によって、なんでもできるのです、という信仰の対応のみ言葉が、メッセージで語られていました。


 そして、このみ言葉を、私は1日前に語られていて、ガリラヤでの祈祷会で、メッセージをここからしたのです。ですから、明確に、神は、このみ言葉を語ってくださっていると受け取ったのです。イスラエルチームの後半の、パウロ秋元牧師のメッセージ、あるいは

日本に帰ってきてからのメッセージは、この信仰の対応のことが語られているということを感じています。



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page