top of page
  • 執筆者の写真ミッション 祈りの

いつも喜ぶ?

 「いつも喜んでいなさい(聖書)」、と言われても、「そんなことはできるはずもない」、と思うのが、普通の反応でしょうか?


 この解釈として、一つ言えることは、、、。

 的をいる場合に、ダーツでも、弓やでも、あるいは、射撃でも、的の真ん中を

射抜くように、ねらい撃つでしょう。

 でも、なかなか、真ん中に行くことは少ないかもしれません。でも、最初から

的の、外側を狙う人はいません。


 それと同様に、いつも喜んでいるように、その状態を狙うけれども、

私たちが、ある時は悲しみ、ある時は、怒ってしまったり。

でも、やはり、いつも喜んでいることをねらう、というのが、

正しい信仰の姿勢であるということだと、思います。


 そして、すべてのことを心から、感謝するのは難しいことかもしれませんが、

形だけでも、口先だけでも、すべてのことについて、感謝の祈りを始めていく時に、

いつも喜ぶことに近づいていけるかな、と思わされます。


 聖書の言葉を、最初から否定する反応ではなく、そこに何か祝福の秘密がある

ことを、探すような姿勢で読んでいくときに、不思議な祝福を私たちは

見出していくことができます。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page